失う(読み)ウシナウ

デジタル大辞泉「失う」の解説

うしな・う〔うしなふ〕【失う】

[動ワ五(ハ四)]
今まで持っていたもの、備わっていたものをなくす。「職を―・う」「友情を―・う」
普通の状態でなくなる。安定した状態でなくなる。「気を―・う」「バランスを―・う」
かけがえのない人をなくす。死に別れる。「戦争で父を―・う」
手に入れかけて、のがしてしまう。取り逃がす。「機会を―・う」
競技・ゲームなどで、相手に得点を入れられる。「守りのミスから三点を―・った」
手段や方法などをなくす。どうしたらよいかわからなくなる。「人生の指針を―・う」「解決の道を―・う」
(「…たるを失わない」の形で)…であることができる、十分にその資格がある、の意を表す。
「富岡先生もその一人たるを―・わない」〈独歩・富岡先生〉
消滅させる。
「深き心もなき人さへ罪を―・ひつべし」〈・御法〉
こわしてなくす。ほろぼす。
寝殿を―・ひて、ことざまにも造りかへむ」〈・宿木〉
10 殺す。
「召し出だして―・はん」〈平家・六〉
[類語](1遺失散逸滅失流失消失消滅消散忘失雲散霧散雲散霧消離散四散飛散立ち消え消える失せる散る失する無くなる無くす無くする無くなす喪失する亡失する紛失する落とす/(4しっするのが逃がす取り逃がす逸する長蛇を逸する・ふいにする

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android