コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無くなる/亡くなる ナクナル

デジタル大辞泉の解説

なく‐な・る【無くなる/亡くなる】

[動ラ五(四)]
(無くなる)
㋐今まであったもの、持っていたものがない状態になる。「夢が―・る」「痛みが―・る」
㋑盗まれたり、紛れたりして、見当たらなくなる。「網棚の荷物が―・る」
㋒使ったり、減ったりして、尽きる。「資金が―・る」
亡くなる)「人が死ぬ」の婉曲的な言い方。「恩師が―・られた」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なくなる【無くなる】

( 動五[四] )
それまで存在していた物がどこかへ行ってしまって見えなくなる。 「かばんが-・ってしまった」
次第に消費されて、無い状態になる。尽きる。 「気力が-・る」 「余白が-・る」
事柄・事態などが存在しなくなる。また、…することが行われなくなる。 「台風が本土に上陸するおそれは-・った」 「夜九時を過ぎるとバスが-・る」 「自信が-・る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

無くなる/亡くなるの関連キーワードゼムフィラ メフタヘジノワ車対車免責ゼロ特約ノロウイルス枯渇性資源清川 幸斎がんなえ吹き抜け敢え無い三角合併網棚泯滅払底消磨

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android