コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水六兵衛 きよみずろくべえ

6件 の用語解説(清水六兵衛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清水六兵衛
きよみずろくべえ

京都五条坂の陶芸の家系。代々清水六兵衛と称する。1世六兵衛愚斎 (?~1799) は摂津の出身。幼名栗太郎。寛延年間京都に出て陶技を学び,明和5 (68) 年五条坂に窯を開き,清水六兵衛と称した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きよみず‐ろくべえ〔きよみづロクベヱ〕【清水六兵衛】

[1738~1799]江戸中期の陶工。摂津の人。号、愚斎。京都五条坂の窯元(かまもと)海老屋(えびや)清兵衛に学び、独立して同地に窯を開いた。野趣に富む六兵衛風として独自の京焼を生んだ。以来現在まで8代を数える。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

清水六兵衛【きよみずろくべえ】

姓は〈しみず〉とも呼ぶ。京都五条坂の清水焼の陶工。初世愚斎〔1738-1799〕,2世静斎〔1790-1860〕は楽焼(らくやき),御本(ごほん)などの茶陶を焼き,3世祥雲〔1822-1883〕は灯籠(とうろう)などの大器の焼成を得意とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きよみずろくべえ【清水六兵衛】

1901‐80(明治34‐昭和55)
陶芸家。5代清水六兵衛の長男で京都に生まれる。本名正太郎。京都市立絵画専門学校卒業後,父に陶技を学び,1927年帝展に美術工芸部が創設されてからは入選を重ね,31年,34年の2度,特選を受ける。45年父の隠居で6代清水六兵衛を襲名,京都陶芸クラブを主宰する。59年オステンド国際陶芸展でグラン・プリ受賞,62年日本芸術院会員となり,76年文化功労者に推された。その生涯を京都清水焼の振興と日展陶芸の発展に捧げ,三彩流泑(りゆうよう),玄窯,銹泑,紫藍泑,紅斑泑,古稀彩,銀白泑など彼独自の作風や釉調を開発している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きよみずろくべえ【清水六兵衛】

京都の陶工。
(初代)(1738~1799) 大坂生まれ。旧姓、古藤。号は愚斎。京都五条坂の陶工海老屋清兵衛に陶法を学び、同所で開窯、清水六兵衛を名乗る。主として茶器を焼く。
(五代)(1875~1959) 京都府生まれ。幼名栗太郎。号、六和。京焼の伝統とモダンな感覚とを生かした作風が特徴。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清水六兵衛
きよみずろくべえ

京都の伝統陶芸家。代々清水六兵衛を名のり、8代を数える。初代(1738―99)は1768年(明和5)京都五条坂に開窯。当時異色の陶工と目され、江戸後期、京都の陶業を主導して一家をなした。2代(1790―1860)、3代(1822―83)、4代(1848―1920)、5代(1875―1959)、6代(1901―80)、7代(1922―2006)、8代(1954― )と続くが、とりわけ、幕末から明治への混乱期に京焼の再興に尽くした4代目、また富岡鉄斎などと親交を結び、釉薬(ゆうやく)の開発に目覚ましい活躍をみせ、京焼の近代化に意を注いだ5代目六和、そして代々のなかでも傑出した力量の持ち主6代目の存在は特筆すべきである。[矢部良明]

6代

5代目の長男。旧名正太郎。1913年(大正2)父に就いて作陶の道に入り、伝統的な京焼の技法に新しい解釈を加えた多くの技法を開発。三彩藍(らんよう)や銹(しゅうよう)、金銀彩を多用した古稀(こき)彩などが高い評価を得、日展陶芸部門の重鎮となった。56年(昭和31)の玄窯白鳥花瓶で芸術院賞を受け、62年日本芸術院会員、76年には文化功労者となったが、80年4月「六兵衛名陶展」の初日に東京の会場で急逝した。翌81年6月、女婿の九兵衛が7代目を襲名。[矢部良明]
『『現代日本陶芸全集13 清水六兵衛』(1981・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の清水六兵衛の言及

【清水六兵衛】より

…陶芸家。5代清水六兵衛の長男で京都に生まれる。本名正太郎。…

※「清水六兵衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清水六兵衛の関連情報