コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清浄華院 ショウジョウケイン

世界大百科事典 第2版の解説

しょうじょうけいん【清浄華院】

京都市上京区にある浄土宗の大本山。浄華院(じようけいん)と略称。寺号山号はない。清和天皇の勅願で円仁(えんにん)が開いた禁裏内道場に始まり,法然(ほうねん)が中興したと伝えるが,14世紀初頭の浄花房証賢(向阿(こうあ))を事実上の開山と考えるべきである。浄土宗一条派の拠点として栄え,万里小路(までのこうじ)家など,公家の帰依を得て,皇室との関係を深めた。応仁の乱の後は,寺運ふるわず,とくに17世紀初頭に金戒光明寺(こんかいこうみようじ)が多数の末寺を伴って独立したため,やや衰えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうじょうけいん【清浄華院】

京都市上京区にある浄土宗の寺。浄土宗四箇本山の一。860年、清和天皇の勅願により円仁が禁裏内道場として開創。1174年の後白河法皇の受戒に際し、法然に与えられて改宗。寺宝に泣不動縁起(室町時代作)など。浄華院。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清浄華院
しょうじょうけいん

京都市上京(かみぎょう)区寺町通広小路上ルにある寺。浄土宗四大本山の一つ。浄華院と略称する。860年(貞観2)、清和(せいわ)天皇の勅願により慈覚大師円仁(えんにん)を開山として、鎮護国家を祈願するために御所の内に創建された。初め天台、真言(しんごん)、仏心、戒律の四宗兼学であったが、後白河(ごしらかわ)法皇が十二光院を増建して、その住持に法然(ほうねん)(源空)を補してから浄土宗となった。天正(てんしょう)年間(1573~92)に豊臣(とよとみ)秀吉が多くの寺院を洛外(らくがい)に移すに伴って現在地に移建。その後も数次の火災で焼失したが、そのたびに皇室の加護を受けて再建された。皇室の恩顧厚かったため、清和、村上(むらかみ)両天皇の尊像や、その他多くの皇族の霊牌(れいはい)を祀(まつ)る。寺宝に紙本着色泣不動縁起(なきふどうえんぎ)1巻などがある。[森 章司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

清浄華院の関連キーワード不動利益縁起堀尾 貫務後白河法皇岩井 智海高畠 寛我久保了寛堀尾貫務開明門院敬法門院山科言継道残寺宝受戒開創隆尭証賢改宗等煕

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清浄華院の関連情報