清閑(読み)セイカン

デジタル大辞泉の解説

せい‐かん【清閑】

[名・形動]俗事にわずらわされず静かなこと。また、そのさま。手紙文で、相手を敬ってその閑暇な状態をいうときにも使う。
「その庭に至ればはなはだ―で」〈中島敦・弟子〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいかん【清閑】

( 名 ・形動ナリ )
清らかでものしずかな・こと(さま)。 「慈覚大師の開基にして殊に-の地なり/奥の細道」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清閑の関連情報