コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清閑 セイカン

デジタル大辞泉の解説

せい‐かん【清閑】

[名・形動]俗事にわずらわされず静かなこと。また、そのさま。手紙文で、相手を敬ってその閑暇な状態をいうときにも使う。
「その庭に至ればはなはだ―で」〈中島敦・弟子〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいかん【清閑】

( 名 ・形動ナリ )
清らかでものしずかな・こと(さま)。 「慈覚大師の開基にして殊に-の地なり/奥の細道」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

清閑の関連キーワード音羽屋惣左衛門(初代)音羽屋九郎兵衛池田政直(2)義延入道親王梅小路定福梅小路定矩5月27日清閑寺共子妙心寺庭園柳生兵庫助霊山歴史館天真法親王藤原為房四辻善成高倉天皇六条天皇大石久敬理豊女王烏丸光雄幸仁親王

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清閑の関連情報