コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寂寂 サビサビ

デジタル大辞泉の解説

さび‐さび【寂寂】

[副]いかにも寂しげなさま。
「からまつの林の道は…ほそぼそと通う道なり。―といそぐ道なり」〈白秋落葉松

じゃく‐じゃく【寂寂】

[ト・タル][文][形動タリ]
ひっそりとして寂しいさま。
「―たる無人の境に」〈荷風・ふらんす物語〉
無心なさま。何も考えることのないさま。
「心に妄想を払って、―としてぞ居たりける」〈太平記・二〇〉

せき‐せき【寂寂】

[ト・タル][文][形動タリ]もの寂しいさま。ひっそりとしたさま。じゃくじゃく。「寂寂たる深山幽谷

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゃくじゃく【寂寂】

( トタル ) [文] 形動タリ 
静かでさびしいさま。 「 -として物音一つ聞こえない」 「四囲あたりを見れば-寞々/いさなとり 露伴
無念無想のさま。 「心に妄想を払て、-としてぞ居たりける/太平記 20

せきせき【寂寂】

( トタル ) [文] 形動タリ 
じゃくじゃく(寂寂) 」に同じ。 「 -たる空斎に在て/世路日記 香水

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

寂寂の関連キーワード寂・弱・惹・若・雀・鵲トタル

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寂寂の関連情報