コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閑寂 カンジャク

デジタル大辞泉の解説

かん‐じゃく【閑寂】

[名・形動]
もの静かで趣のあること。ひっそりとして落ち着いていること。また、そのさま。かんせき。「閑寂な郊外の住宅街」
芭蕉俳諧の理念の一。さび
[派生]かんじゃくさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんじゃく【閑寂】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
もの静かなさま。静かで趣のあるさま。かんせき。 「 -な境内」
蕉風俳諧の美的理念の一。さび。
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

閑寂の関連キーワード罪無くして配所の月を見る寂・弱・惹・若・雀・鵲侘び数寄・侘好カルルス温泉芭蕉(俳人)さび(寂)冷えたる曲嵐山(能)風雅和歌集宝井其角花鳥諷詠和敬清寂藤原頼業證誠寺皮日休侘びる西行桜泉涌寺寂光院白居易

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

閑寂の関連情報