(読み)わたし

精選版 日本国語大辞典「渡」の解説

わたし【渡】

〘名〙 (動詞「わたす(渡)」の連用形の名詞化)
① 海・川などで、人や貨物を船で対岸に渡すこと。また、その場所。わたしば。わたり。津。
※大唐西域記長寛元年点(1163)一「阿難の渡(ワタシ)に及びて出家せしむるなり」
② 「わたしぶね(渡船)」の略。
※咄本・譚嚢(1777)附子「ぶしはきつい。渡(ワタ)しでさへ、銭を出さぬ」
③ 「わたしもり(渡守)」の略。
※河東節・隅田川舟の内(1720‐23頃)上「かやうに候ものはすみ田川のわたし」
④ 船から他へ渡るのに用いる板。あゆみいた。わたりいた。
⑤ 机の左右の脚の間に渡してある板。
※故旧忘れ得べき(1935‐36)〈高見順〉八「靴を卓下の渡しから踏みはづした為」
⑥ 「わたしがね(渡金)①」の略。〔日葡辞書(1603‐04)〕
⑦ 物などを人に手渡すこと。
⑧ () 直径。さしわたし。
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一三「径(ワタシ)二尺の、縁を択んで」

わたら‐・う ‥ふ【渡】

[1] 〘連語〙 (動詞「わたる(渡)」の未然形に継続・反復を表わす助動詞「ふ」の付いたもの) 渡って行く。渡りつづける。
※万葉(8C後)二・一三五「雲間より 渡相(わたらふ)月の 惜しけども」
[2] 〘自ハ四〙 ((一)が一語化したもの) わたらいをする。生計を立てる。生活する。
※書紀(720)仁徳四一年三月(前田本訓)「天皇、既に臣が罪を赦したまひつ。故、に寄(つ)けて活(ワタラハ)む」
※龍光院本妙法蓮華経平安後期点(1050頃)五「肉を(ひさ)いて自ら活(ワタラヒ)、女色を衒(てら)ひ売(う)る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android