コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺党 わたなべとう

3件 の用語解説(渡辺党の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

渡辺党【わたなべとう】

渡辺津

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

わたなべとう【渡辺党】

摂津渡辺を本拠とする中世武士団。源頼光四天王一人として有名な嵯峨源氏渡辺綱(わたなべのつな)を始祖とする。綱は武蔵国箕田の生れであるが,仁明源氏源敦(源満仲の婿)の養子となり,その縁で満仲の息頼光に仕えたという。渡辺にも住んだと伝えられるが真偽のほどは明らかではない。いずれにしても平安末期より綱の子孫が渡辺に住して渡辺氏を称し,頼光の子孫多田源氏と密接な関係を保ったことは事実である。また渡辺には同じころ藤原忠文の後と称する遠藤氏が住し,渡辺氏と姻戚関係をもちながら渡辺党を構成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渡辺党
わたなべとう

摂津国の渡辺津(現、大阪市)を拠点とした武士団。嵯峨源氏(仁明源氏(にんみょうげんじ)とも)で、源頼光の四天王の一人渡辺綱(わたなべのつな)を祖先とする。また、忠文流(ただふみりゅう)藤原氏の武士遠藤氏も渡辺氏と姻戚関係を結び、渡辺党を形成した。渡辺氏は弓術の名手として滝口(たきぐち)や衛門府(えもんふ)官人となり、平安末期からは渡辺惣官職(そうかんしき)を相伝した。渡辺の地は淀川河口の要港で国衙(こくが)所在地でもあり、また大江御厨(おおえのみくりや)の一部であったので、魚介類の貢進や港湾政務が惣官の任務であった。また遠藤氏も摂津一宮坐摩神社(いかすりじんじゃ)長者職や四天王寺執行職(しぎょうしき)を相伝しており、渡辺党は摂津国の中枢を握る武士団として発展した。源平争乱では、遠藤氏出身の文覚(もんがく)が頼朝に決起を催したり、渡辺氏も源頼政の郎等として宇治合戦で多くの戦死者を出すなど、源氏方として活躍した。鎌倉期は、承久の乱で朝廷方について没落する系譜もあったが、越後などに地頭職を得て発展する一族もあり、とくに遠藤氏は、北条氏にも重用され、一時は惣官職も得た。一党は惣官職を争い分立するようになり、南北朝の争乱では後醍醐方や足利方に分かれた。足利方についた系譜は四国・九州や中国地方を転戦し、現地で領主化する場合もあった。渡辺氏の主流は天皇方として楠木氏に従い惣官に補されたが、渡辺での勢力は失われていった。[中原俊章]
『加地宏江・中原俊章著『中世の大阪―水の里の兵たち』(1984・松籟社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の渡辺党の言及

【渡辺綱】より

…源満仲の婿敦の養子となり,養母の居所摂津の国渡辺にちなみ渡辺姓を称す。渡辺党の祖。源頼光の有力な郎党で,坂田公時,平貞道,平季武とともに頼光四天王とよばれる。…

※「渡辺党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

渡辺党の関連キーワード坂田公時渡辺綱根城家子多田行綱安西景益小山田有重宍戸家政奈良高家渡辺競

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

渡辺党の関連情報