コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湖山池 こやまいけ

6件 の用語解説(湖山池の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湖山池
こやまいけ

鳥取市西部,湖山砂丘の南にある潟湖。面積 7.0km2。周囲 18km。平均水深 2.8m。最大水深部は北岸付近で 6.3mの汽水湖。年々浅化している。湖中には縄文・弥生遺跡のある青島など7島が浮び,一帯はレクリエーションの地となっている。コイ,フナ,ウナギなどが多く,厳寒期には人工漁礁による「石釜漁」が行われる。近年水質の汚染が問題化している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こやま‐いけ【湖山池】

鳥取県北東部の潟湖(せきこ)湖山長者が扇で落日を招き帰して田植えをさせた罰で、田が一夜で湖になったという伝説がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

湖山池【こやまいけ】

鳥取県鳥取市西部にある湖。標高0m,面積6.99km2。最深6.5m。千代(せんだい)川の堆積物と砂丘でできた潟湖(かたこ)で,湖中に小島が浮かび景色がよい。
→関連項目千代川

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こやまいけ【湖山池】

鳥取市北西部の潟湖。北方の湖山砂丘によって日本海とへだてられ,湖山川により千代川河口部に排水される。面積6.8km2,周囲15km,最深部8.9m。縄文~古墳時代の遺物を出土する青島をはじめ,津生(つぶ)島,団子島,猫島など大小五つの島が散在する。富栄養湖ワカサギシラウオ,エビなどの漁獲が多く,池の西岸では全国的にも珍しい石釜漁業が見られる。近年,汚濁が進み,環境保全対策が講じられている。沈む太陽を呼び戻して田植を強行し,一夜にして美田が湖に変わったという湖山長者の伝説を今に伝える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔鳥取県〕湖山池(こやまいけ)


鳥取市西部にある潟湖(せきこ)。湖中には大小5つの小島が浮かぶ。千代(せんだい)川の堆積(たいせき)作用と砂丘の発達により、内湾が埋め残されてできた。北東岸から湖山川が鳥取港に注ぐ。面積7.0km2。コイ・フナ・ワカサギ・ウナギなどの淡水魚に富み、「石がま」とよばれる漁礁を使った漁業が行われる。近年、硫化水素の発生が問題となっている。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湖山池
こやまいけ

鳥取県北東部、鳥取市街地西郊の潟湖(せきこ)。湖岸線延長約17キロメートル、面積6.9平方キロメートル、平均水深2.8メートル、最深部は北部の7メートルで年々浅化している。成因は後氷期の微高海面期にできた古鳥取海が、その後の海面低下期に進んだ千代(せんだい)川の埋積作用や湖山砂丘の発達により埋め残されたものといい、潟湖には珍しい湖中の5島があって海島のおもかげを残す。富栄養湖で最近は海水の流入による塩分や生活汚水、肥料の流入による窒素、リンなどが増え、秋には増殖したアイモが沈積腐敗して硫化水素が発生する。コイ、フナ、アマサギ、ウナギなどの淡水魚に富み、「石がま」とよぶ岩組みの人工魚礁による寒中漁労が特色である。夕日を招き返して田植を終えたため、水田が一夜で湖となったという長者伝説がある。[岩永 實]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

湖山池の関連情報