コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田宿 いけだのしゅく

2件 の用語解説(池田宿の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

池田宿【いけだのしゅく】

遠江国にあった古代末期から中世の宿駅。現在の静岡県豊田(とよだ)町(現・磐田市)池田に比定される。山城国松尾神社(現京都市西京区の松尾大社)領池田荘の中心で,天竜川渡船場であるとともに,荘官の居住地であったとみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いけだのしゅく【池田宿】

遠江国の中世宿駅,近世東海道天竜川渡船場。また松尾神社領池田荘の中心部で,荘官居住地でもあった。宿はもと川の西岸にあったが,河道の変化によって東岸に移動した。池田宿は中世を通じて紀行文や軍記物にみえるが,最も繁栄したのは平安末から鎌倉期で,平宗盛と宿長者の娘熊野(ゆや)の物語は,謡曲《熊野》で名高い。徳川家康は池田渡船場の船守に種々の特権を与えたが,近世には衰退した。現在,静岡県豊田町池田。【本多 隆成】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

池田宿の関連情報