コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源頼家(1) みなもとの よりいえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源頼家(1) みなもとの-よりいえ

?-? 平安時代中期の官吏,歌人。
源頼光の次男。和歌六人党のひとり。橘為仲が任地の奥州から,昔の歌人仲間で生きのこっているのは我々だけだと書をよせると,六人党のうちに為仲ははいっていないはずだとおこったという。歌は「後拾遺和歌集」などにはいる。従四位下,筑前守(ちくぜんのかみ)。没年は承保(じょうほう)2年(1075)以後。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

源頼家(1)の関連キーワード源頼光

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android