コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺津 わたなべのつ

1件 の用語解説(渡辺津の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

渡辺津【わたなべのつ】

古代から中世にかけて現在の大阪市の淀川河口にあった港津。九品(くぼん)津・大渡(おおわたり)・窪(くぼ)津ともよばれた。古くから瀬戸内海交通の要衝として重視されたが,805年に摂津国府がここに移ってからは,国衙(こくが)膝下の港としてますます栄えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

渡辺津の関連キーワード散所寝屋川プサルテリウムブローチ髫髪加島田蓑の島西淀川東淀川大崎遺跡

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone