コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧園 まきぞの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牧園
まきぞの

鹿児島県北東部,霧島市北部の旧町域。霧島山の南西麓にある。1940年町制。2005年国分市,溝辺町,横川町,霧島町,隼人町,福山町の 1市 5町と合体して霧島市となった。山林原野が広く林業や畜産が盛ん。米,葉タバコ,チャ(茶)の栽培が盛ん。クリ,シイタケを特産。北東部は霧島錦江湾国立公園に属し,韓国岳大浪池など霧島火山群の景勝と林田温泉丸尾温泉,湯之谷温泉,新湯温泉などの温泉(→霧島温泉郷)をもつ観光地。このほか,南西部にも新川渓谷温泉郷がある。北西部の宮崎県境付近に国指定天然記念物のノカイドウ自生地がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牧園
まきぞの

鹿児島県中部、姶良(あいら)郡にあった旧町名(牧園町(ちょう))。現在は霧島(きりしま)市の中北部を占める。旧牧園町は1940年(昭和15)町制施行。町名はかつて放牧地であったとの伝承にちなむ。2005年(平成17)同郡溝辺(みぞべ)、横川(よこがわ)、霧島、隼人(はやと)、福山(ふくやま)の5町及び国分(こくぶ)市と合併し霧島市となった。旧牧園町域は霧島火山群の南西斜面に位置し、霧島錦江湾(きんこうわん)国立公園の一部。JR肥薩(ひさつ)線、国道223号、霧島スカイラインが通じる。769年(神護景雲3)和気清麻呂(わけのきよまろ)配流の地と伝え、近世には島津氏の直轄地で踊郷(おどりごう)とよばれた。旧町域の78%が山林原野で、林業のほか茶や高原野菜の栽培、酪農が盛ん。1896年(明治29)設置の鹿児島県種馬所(しゅばしょ)は町営牧場として運営されていたが、1996年(平成8)閉鎖された。林田(はやしだ)、丸尾、硫黄谷(いおうだに)、湯之谷(ゆのたに)、安楽(あんらく)、妙見(みょうけん)、塩浸(しおひたし)など数多くの温泉がある。1980年から毎年7~8月に国際音楽祭が開かれ、1994年には霧島国際音楽ホールが開館した。国指定天然記念物ノカイドウ自生地。[白石太良]
『『郷土誌・牧園町』(1969・牧園町) ▽『牧園町郷土誌』(1981・牧園町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

牧園の関連キーワード霧島屋久国立公園横川(鹿児島県)国分(鹿児島県)隼人(旧町名)鹿児島県霧島市あらあらざけ林田[温泉]明礬[温泉]丸尾[温泉]えびの高原霧島(市)霧島[市]中野南強安武厳丸立花蘭斎三善庸礼新川渓谷妙見温泉黒さつま牧園進士

牧園の関連情報