コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬高 せたか

3件 の用語解説(瀬高の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瀬高
せたか

福岡県南部,みやま市北部の旧町域。筑後平野の中央に位置する。 1901年町制。 1907年本郷村,小川村,川沿村および緑村の一部と合体。 1956年東山村を編入。 2007年山川町,高田町と合体して,みやま市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せたか【瀬高】

福岡県南部、山門やまと郡の町。近世、矢部川の河港、肥後街道の宿駅。女山そやま神籠石がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瀬高
せたか

福岡県南西部、山門(やまと)郡にあった旧町名(瀬高町(まち))。現在はみやま市の北部を占める。旧瀬高町は1901年(明治34)上(かみ)瀬高、下(しも)瀬高の2町(ともに1889年町制施行)が合併して改称。1907年本郷(ほんごう)、小川(おがわ)、川沿(かわぞい)の3村と緑(みどり)村の一部、1956年(昭和31)東山(ひがしやま)村と合併。2007年(平成19)、山川(やまかわ)町、三池(みいけ)郡高田(たかた)町と合併、市制施行してみやま市となった。旧瀬高町域の北東部には丘陵性山地が分布するが、大部分は矢部川中流左岸の沖積低地で、南部にはクリーク網が発達している。JR鹿児島本線、国道209号・443号が通じるが、旧国鉄佐賀線はバスに転換。河港、宿場町として発達、主産業は農業で、米作を中心に、ナス、セロリなどの野菜産地としても有名で、酒、瓦(かわら)、漬物の生産も盛んである。国指定名勝の本坊庭園をもつ古刹(こさつ)清水(きよみず)寺や、同史跡女山神籠(ぞやまこうご)石、同天然記念物の船小屋(ふなごや)ゲンジボタル発生地と新舟小屋のクスノキ林など名所・旧跡が多く、大江(おおえ)天満神社の「幸若(こうわか)舞」は日本最古の舞楽として国の重要無形民俗文化財に指定されている。[石黒正紀]
『『瀬高町誌』(1974・瀬高町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瀬高の関連キーワード筑後福岡県みやま市瀬高町大江福岡県みやま市瀬高町大草福岡県みやま市瀬高町下庄福岡県みやま市瀬高町山門福岡県みやま市高田町原福岡県みやま市山川町尾野福岡県みやま市山川町甲田福岡県みやま市山川町清水福岡県みやま市山川町立山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

瀬高の関連情報