コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬高 せたか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瀬高
せたか

福岡県南部,みやま市北部の旧町域。筑後平野の中央に位置する。 1901年町制。 1907年本郷村,小川村,川沿村および緑村の一部と合体。 1956年東山村を編入。 2007年山川町,高田町と合体して,みやま市となった。中心地区は江戸時代には薩摩街道の宿場町,矢部川水運の河港として発展。おもな産業は清酒醸造,瓦,煉瓦,高菜漬などの製造。周辺の平野では米作のほか,野菜,ミカンの栽培が行なわれる。船小屋のゲンジボタル発生地と新船小屋温泉にあるクスノキ林はいずれも国指定天然記念物。そのほか金栗遺跡,雪舟の作庭といわれる国指定名勝の清水寺本坊庭園,国指定史跡の女山 (ぞやま) の神籠石などの名所がある。大江の幸若舞は国の重要無形民俗文化財に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

せたか【瀬高】

福岡県南部、山門やまと郡の町。近世、矢部川の河港、肥後街道の宿駅。女山そやま神籠石がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瀬高
せたか

福岡県南西部、山門(やまと)郡にあった旧町名(瀬高町(まち))。現在はみやま市の北部を占める。旧瀬高町は1901年(明治34)上(かみ)瀬高、下(しも)瀬高の2町(ともに1889年町制施行)が合併して改称。1907年本郷(ほんごう)、小川(おがわ)、川沿(かわぞい)の3村と緑(みどり)村の一部、1956年(昭和31)東山(ひがしやま)村と合併。2007年(平成19)、山川(やまかわ)町、三池(みいけ)郡高田(たかた)町と合併、市制施行してみやま市となった。旧瀬高町域の北東部には丘陵性山地が分布するが、大部分は矢部川中流左岸の沖積低地で、南部にはクリーク網が発達している。JR鹿児島本線、国道209号・443号が通じるが、旧国鉄佐賀線はバスに転換。河港、宿場町として発達、主産業は農業で、米作を中心に、ナス、セロリなどの野菜産地としても有名で、酒、瓦(かわら)、漬物の生産も盛んである。国指定名勝の本坊庭園をもつ古刹(こさつ)清水(きよみず)寺や、同史跡女山神籠(ぞやまこうご)石、同天然記念物の船小屋(ふなごや)ゲンジボタル発生地と新舟小屋のクスノキ林など名所・旧跡が多く、大江(おおえ)天満神社の「幸若(こうわか)舞」は日本最古の舞楽として国の重要無形民俗文化財に指定されている。[石黒正紀]
『『瀬高町誌』(1974・瀬高町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

瀬高の関連キーワード鳥取県東伯郡湯梨浜町はわい長瀬湯梨浜町羽合歴史民俗資料館六月の危険な花嫁福岡県みやま市山川(福岡県)船小屋[温泉]参上!天空剣士高田(福岡県)みやま(市)みやま[市]清水のきじ車大頭流幸若舞女山神籠石成清 信愛柿原 繁蔵海達 公子成清 博愛姉小路尹綱与田 準一金春 八条

瀬高の関連情報