コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火の番 ヒノバン

デジタル大辞泉の解説

ひ‐の‐ばん【火の番】

火事に備えて番をすること。また、その人。 冬》「―の障子に太き影法師/虚子
江戸幕府の職名。目付支配に属し、江戸城内火事警戒にあたった。
大奥女中職の一。各部屋の火の用心にあたった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひのばん【火の番】

火災の予防・発見をすること。またはその番人南北朝時代には都の警固の武士たちが町の見回りをしていた。また火番という侍がいて,火事を発見すると主家へ知らせる役目をもっていた。この役は火事を見つけるのが専門で,消火はしなかった。江戸時代になると,江戸の度重なる火災のため,幕府が寛永年間(1624‐44)に表火之番と奥火之番を与力同心で組織し,城内の火の元を警戒させた。同時期には本格的な消防組織として大名火消が小大名16家によって編成され,交代で火消役を出した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひのばん【火の番】

火災が起こらないように予防・警戒をすること。また、その人。 [季] 冬。 《 -の障子に太き影法師 /虚子 》
江戸幕府の職名。目付の下に属し、江戸城内の火の元の番をした。
大奥の女中の職名。夜中、各部屋を見回り火災が起こらないようにした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火の番
ひのばん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

火の番の関連キーワードごよざごよざ八王子千人組中江 兆民老中奉書人食い妹火の見櫓江戸幕府前田利幹自身番影法師肥松息子鍵番番太職名障子村掟

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火の番の関連情報