コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火の番 ヒノバン

4件 の用語解説(火の番の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひ‐の‐ばん【火の番】

火事に備えて番をすること。また、その人。 冬》「―の障子に太き影法師/虚子
江戸幕府の職名。目付の支配に属し、江戸城内の火事の警戒にあたった。
大奥の女中職の一。各部屋の火の用心にあたった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひのばん【火の番】

火災の予防・発見をすること。またはその番人。南北朝時代には都の警固の武士たちが町の見回りをしていた。また火番という侍がいて,火事を発見すると主家へ知らせる役目をもっていた。この役は火事を見つけるのが専門で,消火はしなかった。江戸時代になると,江戸の度重なる火災のため,幕府が寛永年間(1624‐44)に表火之番と奥火之番を与力・同心で組織し,城内の火の元を警戒させた。同時期には本格的な消防組織として大名火消が小大名16家によって編成され,交代で火消役を出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひのばん【火の番】

火災が起こらないように予防・警戒をすること。また、その人。 [季] 冬。 《 -の障子に太き影法師 /虚子 》
江戸幕府の職名。目付の下に属し、江戸城内の火の元の番をした。
大奥の女中の職名。夜中、各部屋を見回り火災が起こらないようにした。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火の番の関連キーワード火災報知機宮守焦頭爛額田守着目不寝の番防火林店番虫押え車両火災予防運動

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

火の番の関連情報