コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火の番(読み)ヒノバン

世界大百科事典 第2版の解説

ひのばん【火の番】

火災の予防・発見をすること。またはその番人南北朝時代には都の警固の武士たちが町の見回りをしていた。また火番という侍がいて,火事を発見すると主家へ知らせる役目をもっていた。この役は火事を見つけるのが専門で,消火はしなかった。江戸時代になると,江戸の度重なる火災のため,幕府が寛永年間(1624‐44)に表火之番と奥火之番を与力同心で組織し,城内の火の元を警戒させた。同時期には本格的な消防組織として大名火消が小大名16家によって編成され,交代で火消役を出した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひのばん【火の番】

火災が起こらないように予防・警戒をすること。また、その人。 [季] 冬。 《 -の障子に太き影法師 /虚子 》
江戸幕府の職名。目付の下に属し、江戸城内の火の元の番をした。
大奥の女中の職名。夜中、各部屋を見回り火災が起こらないようにした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android