コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

然う ソウ

デジタル大辞泉の解説

そう〔さう〕【然う】

《「さ(然)」の音変化》
[副]
そのように。「私も然う思う」
(あとに打消しの語を伴って)それほど。そんなに。「然う大きくない」
[感]
相手の言うことに肯定・同意するときに用いる語。「然う、そのとおり」
相手の言葉に対する問い返しや、半信半疑の気持ちを表すときに用いる語。「あら、然う」「然う、信じられないな」
過去の出来事を思い出すときなどに用いる語。「然う、あれは去年の夏のことだ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そう【然う】

〔「さ」の転〕
[0] ( 副 )
相手にかかわる事態や、相手が発言した事態を表す。そのように。そんなに。 「 -泣いてばかりいてもしかたがない」 「まあ、-怒るな」 「私も-思う」
(打ち消しの語を伴って)その程度がはなはだしくない状態を表す。それほど。あまり。 「 -昔の話ではない」 「この品は-高くはない」 「まだ-遅くはない」
[1] ( 感 )
相手に対する同意・肯定の気持ちを表す語。 「 -、君の言うとおりだね」 「 -、よくできました」
相手の言葉に対する軽い疑い・迷い・驚きなどの気持ちを表す語。 「 -、うそじゃないだろうな」
話の途中で考えたり、思いついたりしたときに発する語。 「あっ、-、-、こんなことがありましたよ」 「八月半ばの、-、とても暑い日のことでした」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

然うの関連キーワードピューリタン革命/権利請願然うしたら青天の霹靂以上・已上通塗・通途ぽっくり病意思表示寄りっ児てっきり花村怜美然ういう然うとも然う斯うどう突く然うして然う然う然うした大化け化ける

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android