そんな(読み)ソンナ

デジタル大辞泉「そんな」の解説

そんな

[形動]
聞き手、または、そのそばにいる人が当面している事態や、現に置かれている状況がそのようであるさま。それほどの。そのような。「そんな話は聞いたことがない」「そんなに嫌ならやめなさい」
聞き手のそばにある、または、聞き手がもっているものがそのようであるさま。それほど。そのような。「僕もそんなが着てみたい」「そんなに高い時計、よく買えたね」
[補説]連体形に「そんな」「そんなな」の二形がある。連体形として一般には「そんな」の形が用いられるが、接続助詞「ので」「のに」などに続くときは「そんなな」の形が用いられる。「状況がそんななのに、よく無事でいられたものだ」
[類語](連体修飾語として)そのようなそうしたそういう然様さよう(連用修飾語として)さもさもさもそのようにそうそれほどしか余り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「そんな」の解説

そんな

〘形動〙 (語幹がそのまま連体形の働きをするが、接続助詞「のに」「ので」が下に付くときは、「そんなな」の形をとる) 人や物事の程度や状態がそのようであるさま。そのよう。そのような。
浮世草子・好色五人女(1686)二「夫婦つれだちても、そのその、そんな事はせぬぞ」
※にごりえ(1895)〈樋口一葉〉一「何もそんなに案じるにも及ぶまい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android