コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛久[市] うしく

2件 の用語解説(牛久[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

牛久[市]【うしく】

茨城県南部の市。1986年市制。牛久沼北東の台地を占める農業地で,中心の牛久は陸前浜街道(国道6号線)の宿駅であった。1903年日本で最初に煉瓦造のワイン醸造所が建てられた地で,合同酒精(旧神谷酒造)のシャトーカミヤと広いブドウ園がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

うしく【牛久[市]】

茨城県南部にある市。1986年市制。人口6万6338(1995)。標高20~25mの筑波稲敷台地と,これを刻んで流れる小野川水系沿岸の低地からなる。中心集落の牛久は江戸時代水戸街道の宿場町で,牛久沼に臨む城中には牛久藩山口氏の陣屋が置かれた。明治前期から女化原(おなばけはら)など台地の開墾が進められ,県下有数のラッカセイ産地になった。常磐線が通じ,東京都心まで50kmの距離にあるので,1960年ころから沿線を中心に通勤住宅地化が進み,人口増加が著しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

牛久[市]の関連キーワード牛久北上那珂能美稲敷小美玉神栖筑後土浦平川

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone