コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧園[町] まきぞの

百科事典マイペディアの解説

牧園[町]【まきぞの】

鹿児島県北東部,姶良(あいら)郡の旧町。霧島火山の南西斜面から山麓に及び,大半は山林で,畜産,野菜・茶の栽培を行い,シイタケも産する。霧島屋久国立公園(現・霧島錦江湾国立公園)の主要部を占め,霧島温泉郷の林田,丸尾などの温泉,新川温泉郷があり,肥薩(ひさつ)線が通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まきぞの【牧園[町]】

鹿児島県北東部,姶良(あいら)郡の町。人口1万0229(1995)。霧島山南西麓に広がる台地上に位置し,南西境を多くの支流を集めて天降(あもり)川が南流する。西端JR肥薩線が通じ,中央を国道223号線が通る。中世の税所(さいしよ)氏,北原氏の統治を経て,戦国時代末期には島津氏の支配下におかれた。近世はじめころから踊郷と呼ばれ,踊馬といわれる良馬の産地として知られた。現在も霧島山中腹には競馬用のアラブ系馬を飼育する町営の九州種馬牧場がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android