コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狂い咲き クルイザキ

3件 の用語解説(狂い咲きの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くるい‐ざき〔くるひ‐〕【狂い咲き】

季節外れに花が咲くこと。また、その花。狂い花。返り咲き。 冬》
(比喩的に)盛りを過ぎたものが、ある一時期、勢いを盛りかえすこと。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くるいざき【狂い咲き reflorescence】

帰(返)り咲きともいう。植物の開花は種によって一定の季節に定まっているが,これは日長その他の条件によって支配されている。それらの条件が乱されると,種特有の季節と異なった時に花を咲かせることがある。咲く時期が極限されているものほど,狂い咲きは顕著であり,秋にサクラが咲いたりすると世間をにぎわすことになる。開花の時期の決定は,花芽の形成を誘導する機構と,開花するまでの諸条件を満たし続ける環境によるが,狂い咲きのみられるのが,植物個体のごく一部分や,特定の個体だけのことが多いことから,一定の環境条件が与えられても,個体の条件などによって,必ずしもつねに花芽形成・展開・開花にいたる道程が完成されるとは限らないといえそうである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くるいざき【狂い咲き】

初冬の小春日和の頃、時節外れに花が咲くこと。また、その花。返り咲き。 [季] 冬。
盛りを過ぎたものが、ある時期だけ勢いを盛り返すこと。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

狂い咲きの関連情報