コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狂い咲き クルイザキ

デジタル大辞泉の解説

くるい‐ざき〔くるひ‐〕【狂い咲き】

季節外れに花が咲くこと。また、その花。狂い花。返り咲き。 冬》
(比喩的に)盛りを過ぎたものが、ある一時期、勢いを盛りかえすこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くるいざき【狂い咲き reflorescence】

帰(返)り咲きともいう。植物の開花は種によって一定の季節に定まっているが,これは日長その他の条件によって支配されている。それらの条件が乱されると,種特有の季節と異なった時に花を咲かせることがある。咲く時期が極限されているものほど,狂い咲きは顕著であり,秋にサクラが咲いたりすると世間をにぎわすことになる。開花の時期の決定は,花芽の形成を誘導する機構と,開花するまでの諸条件を満たし続ける環境によるが,狂い咲きのみられるのが,植物個体のごく一部分や,特定の個体だけのことが多いことから,一定の環境条件が与えられても,個体の条件などによって,必ずしもつねに花芽形成・展開・開花にいたる道程が完成されるとは限らないといえそうである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くるいざき【狂い咲き】

初冬の小春日和の頃、時節外れに花が咲くこと。また、その花。返り咲き。 [季] 冬。
盛りを過ぎたものが、ある時期だけ勢いを盛り返すこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

狂い咲きの関連キーワードアスター(キク科)チューリップ山田 辰夫山本兼一小春日和季節外れ返り咲き山本晋也石井岳竜気違い花サツキ考古学狂い花狂花初冬徒花

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狂い咲きの関連情報