コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猫塚古墳 ねこづかこふん

世界大百科事典 第2版の解説

ねこづかこふん【猫塚古墳】

奈良県五条市西河内町に所在する方墳五条猫塚古墳ともいう。奈良盆地の南西をかぎる金剛山塊の東すその谷間に築かれ,一辺約30m,高さ約5mを測る。周濠の痕跡が残り,斜面に葺石(ふきいし)をそなえる。1957年に開墾のさい多くの遺物が出土したことから,翌年,橿原考古学研究所が発掘調査を実施した。墳頂に竪穴式石室を営む。石室は5.17m×0.89mを測り,小口積みにした壁の平石には,紀ノ川流域産の結晶片岩を使う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

国指定史跡ガイドの解説

ねこづかこふん【猫塚古墳】


石清尾山古墳群(いわせおやまこふんぐん)

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

世界大百科事典内の猫塚古墳の言及

【双方中円墳】より

…実例としては,香川県高松市石清尾山(いわせおやま)古墳群中の鏡塚古墳と奈良県天理市の櫛山古墳が知られているのみで,しかも櫛山例では一方が短小である。これまで,この墳形の代表例とされてきた石清尾山猫塚古墳は,最近になって,中央部も方形である可能性が指摘されている。古墳に先立つ,弥生時代の盛土をもつ墳墓を〈墳丘墓〉と呼んでいるが,すでにそれらの中には,円形や方形の墳丘の一方に,あるいは前後双方に方形台状の突出部を設けた例があり,前方後円墳も双方中円墳もそれらが定型化したものと理解されている。…

※「猫塚古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

猫塚古墳の関連キーワード奈良県五條市西河内町双方中円墳埴製枕提砥

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

猫塚古墳の関連情報