コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉ノ井(読み)たまのい

百科事典マイペディアの解説

玉ノ井【たまのい】

東京都墨田区東向島5丁目付近の通名。かつての寺島7丁目で,昭和初期には私娼街として有名であった。現在は東武伊勢崎線東向島(旧玉ノ井)駅があり,商業・中小工場・住宅混合地区。
→関連項目【ぼく】東綺譚

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たまのい【玉ノ井】

東京都墨田区北部,東向島4~6丁目の通称。隅田川と荒川放水路に囲まれた低地で,下町的な商工業地区。関東大震災後,私娼(ししよう)街となり,1958年の売春防止法実施まで,その名が知られた。尾崎士郎の《遠き跫音(あしおと)》,永井荷風の《濹東綺譚(ぼくとうきだん)》などにもこの町の様子が描かれ,〈の井〉と略称された。東武伊勢崎線玉ノ井駅があり,付近にはハギやウメの名所,向島百花園がある。【正井 泰夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の玉ノ井の言及

【切見世】より

…近世後期の江戸吉原における最下級の女郎屋。各所の岡場所にもあったもので,間口4.5~6尺,奥行2.5~3間の店が5~8軒,長屋形式で続いていたため,局見世(つぼねみせ)(局店),長屋ともいった。1軒1妓を原則とし,抱主は数軒を管理営業した。切(きり)とは時間売りの意で,一切(ひときり)100文が相場であった。この揚代は上級妓のそれの10分の1というものであったが,一切の時間の短いこともあって,その数倍を支払わさせることが多かったようである。…

【濹東綺譚】より

永井荷風の長編小説。1937年4月烏有堂(私家版)刊。同年4~6月,東京・大阪《朝日新聞》夕刊連載。同年8月岩波書店刊。それぞれ本文に差異がある。老作者〈わたくし〉(大江匡(ただす))は,小説の背景とすべき場所を探して散歩の途中,隅田川の向こう玉の井私娼街でそこの女お雪と知り合う。以後,彼女をたずねては休息かたがた娼家の新風俗を観察し,また昔を懐かしむ。お雪はそのうち彼を頼りにして自前になる夢をもち始め,彼のほうでは,過去に失敗の体験もあり,これ以上,深入りを避けることを決め,仲秋の明月の夜をきりに,ひそかに別れを告げ,もはや逢うことをやめるという筋。…

※「玉ノ井」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉ノ井の関連情報