コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉門 ギョクモン

5件 の用語解説(玉門の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぎょく‐もん【玉門】

玉で飾った門。りっぱな門。
女性の陰部。陰門。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

玉門【ぎょくもん】

中国,甘粛省西部の都市。河西回廊西側に位置し,漢代には玉門県が置かれた。蘭新鉄路(蘭州〜ウルムチ)の通過地。玉門油田の開発に伴い1958年に新興工業都市として誕生。
→関連項目甘粛[省]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょくもん【玉門 Yù mén】

中国,甘粛省北西部,甘粛回廊にある石油工業都市。人口20万(1994)。1938年老君廟に石油が発見され,その開発がはじまった。解放後は内戦による破壊を復興し,さらに1950年代後半には鴨児峡など新油田の開発や大型石油コンビナートの建設がみられた。パイプラインや鉄道により蘭州などの都市へ送油される。なお,東北地区の大慶など中国の新しい油田地帯の建設に果たした玉門の石油労働者・技術者の役割は大きいものがあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぎょくもん【玉門】

玉で飾った、立派な門。
女性の陰部。陰門。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玉門
ぎょくもん / ユイメン

中国、甘粛(かんしゅく/カンスー)省北西部の市。酒泉(しゅせん/チウチュワン)地区に属す。玉門油田があり西北地区の石油工業基地の一つである。市政府は油田のある老君廟(ろうくんびょう)に置かれ、蘭新(らんしん)鉄道より支線が引き込まれている。河西(かせい)回廊の北西端に位置し、古くから中国世界から西域(せいいき)への入口であった。万里の長城の西端である嘉峪関(かよくかん)はこの東にある。ただし漢代に置かれた玉門関(西域の玉がもたらされる入口という意味)は、いまの敦煌(とんこう/トゥンホワン)の北西、小方盤城がその遺跡とされ、関が廃されたのち、守備隊が後方に移されて県とされたのがここであるという。その後、北方異民族の支配下にある期間も長く、清(しん)代に玉門県(いまの玉門鎮)がふたたび置かれていたものの、とくに発展した都市ではなかった。
 しかし、近代に油田が開発されるとともに都市も急速に発達した。付近の石油の存在は古く南北朝時代から知られていたが、1938年国民党は甘粛油田局を設けて採油設備を建設し開発を始めた。49年の解放後、さらに開発が進められ、中国石油開発の初期における代表的油田であった。55年、油田地区を市とし、のちに玉門県をも併合した。旧県付近は疏勒(そろく)河の形成するオアシスで、オアシス農業が行われている。[秋山元秀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉門の関連キーワード甘粛省甘粛回廊西涼前涼涼州甘粛ハラホト甘粛地震雍州平涼

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

玉門の関連情報