コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田主丸 たぬしまる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田主丸
たぬしまる

福岡県南西部,久留米市東部の旧町域。筑後川中流左岸から水縄山地北斜面に広がる。 1889年町制。 1954年水分村,筑陽村,水縄村,竹野村の4村および船越村の一部と合体。 2005年久留米市に編入。筑後川の自然堤防上に集落が立地する。元禄年間 (1688~1704) からの伝統をもつ植木,果樹苗木の生産が多く,1960年代からはブドウ,カキ,ナシなどの果樹栽培が観光農業として発達。こけしなどの木製品の製造も行なわれる。筑後川県立自然公園に属し,鵜飼いや古い漁法による河川漁業,寺徳古墳 (国指定史跡) ,平原公園など観光資源は多彩。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田主丸
たぬしまる

福岡県南部、浮羽(うきは)郡にあった旧町名(田主丸町(まち))。現在は久留米(くるめ)市の田主丸町地区。旧田主丸町は、1889年(明治22)町制施行。1954年(昭和29)水分(みずわけ)、竹野(たけの)、筑陽(ちくよう)、水縄(みのう)の4村と船越(ふなこし)村(現、うきは市)の一部を合併。2005年(平成17)久留米市に編入。南部は耳納(みのう)山地北麓(ろく)の断層崖(がい)だが、北部は筑後(ちくご)川中流左岸の沖積低地が広がり、中央部をJR久大(きゅうだい)本線と国道210号が東西に通じる。主産業は農業で、山麓一帯は久留米ツツジ、スギをはじめとする植木苗木の生産地として全国的に有名であり、カキ、ミカン、ブドウなどの果樹栽培も盛んである。見どころとして国指定史跡の寺徳(じとく)古墳や月読(つきよみ)神社、平原(ひらばる)公園、片之瀬(かたのせ)の鵜飼(うかい)などがあり、日田(ひた)街道沿いには観光果樹園が並ぶ。水田地帯には条里遺構が残っている。[石黒正紀]
『『田主丸町誌』全3巻(1996~1997・田主丸町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

田主丸の関連キーワード福岡県久留米市田主丸町益生田福岡県久留米市田主丸町石垣田主丸大塚古墳福岡県久留米市久留米(市)中原狐塚古墳田主丸古墳群河童のへそ伊東 静尾草野又六竹下周直筑後平野西館古墳鏡山 猛瀬戸の松諸九尼若竹屋若の寿紅乙女善導寺

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田主丸の関連情報