コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮羽 うきは

3件 の用語解説(浮羽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浮羽
うきは

福岡県中南部,うきは市東部の旧町域。筑紫平野の東端から水縄山地北東斜面に位置し,東で大分県に接する。 1951年御幸町が姫治村,山春村,大石村の3村を編入して浮羽町が成立。 2005年吉井町と合体し,うきは市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うきは

福岡県南東部、筑後川筑紫平野流れ込む所にある市。イチゴ・モモ・カキなどの果樹栽培が盛ん。平成17年(2005)3月に吉井町と浮羽町が合併して成立。人口3.2万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浮羽
うきは

福岡県南部、浮羽郡にあった旧町名(浮羽町(まち))。現在はうきは市の東部を占める。旧浮羽町は1951年(昭和26)御幸(みゆき)町が姫治(ひめはる)、山春(やまはる)、大石(おおいし)の3村を編入して改称。2005年(平成17)浮羽郡吉井(よしい)町と合併、市制施行してうきは市となった。旧浮羽町の南部は耳納(みのう)(水縄)山地に続く開析溶岩台地の山地で、その北に扇状地が広がる。北部は筑後(ちくご)川左岸の沖積低地が開け、JR久大(きゅうだい)本線、国道210号が通じる。産業は農林業が中心であり、米作のほか、扇状地ではカキ、ブドウ、ナシなどの栽培が盛んで、乳牛飼育も行われる。中心集落の朝田では製材、酒造業も盛んである。国指定史跡の楠名(くすみょう)・重定(しげさだ)古墳、塚花塚(つかはなづか)古墳や17世紀築造の大石堰(おおいしぜき)、臨済宗の大生(だいしょう)寺など名所・旧跡があり、筑後川べりには筑後川温泉がある。民芸品として一ノ瀬焼(朝田焼)がある。[石黒正紀]
『『浮羽町史』全2冊(1988・浮羽町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浮羽の関連キーワード福岡県うきは市浮羽町朝田福岡県うきは市浮羽町妹川福岡県うきは市浮羽町浮羽福岡県うきは市浮羽町小塩福岡県うきは市浮羽町高見福岡県うきは市浮羽町田篭福岡県うきは市浮羽町古川福岡県うきは市浮羽町三春福岡県うきは市浮羽町山北福岡県うきは市吉井町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浮羽の関連情報