コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由宇[町] ゆう

2件 の用語解説(由宇[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

由宇[町]【ゆう】

山口県東部,玖珂(くが)郡の旧町。由宇川の下流域を占め,広島湾に臨む。三角州右岸にある主集落は周東機業地帯の中心で,織物業が盛ん。米,レンコンミカン,野菜を産するほか,イワシ漁,ワカメ養殖も行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ゆう【由宇[町]】

山口県東部,玖珂(くが)郡の町。人口9822(1995)。町域中央北寄りを由宇川が北東流して瀬戸内海に注ぎ,流域と海岸部に平地がひろがるが,北西部は山地,南部の柳井市との境には銭壺山(540m)があり断層崖となっている。北東海上に浮かぶ甲(かぶと)島は南西部が当町,北東部は広島県大竹市に属する。江戸時代は岩国藩領で,由宇川河口南の八幡山に鎮座する榊八幡宮は,藩主吉川氏代々の崇敬が厚かった。江戸時代中期から織物業が盛んな地であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

由宇[町]の関連キーワード田総百山山口県山口県立大学岩国下松小諸柳井きくがわ玖珂郡熊毛郡

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone