錦町(読み)にしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

錦〔町〕
にしき

熊本県南部,人吉盆地南東部,球磨川に沿う町。 1955年一武 (いちぶ) ,西 (にし) ,木上 (きのえ) の3村が合体して村となり,65年町制。山林の多い町で,米作コムギ,タバコ,牧草,青刈りトウモロコシを生産したが,近年はナシ,モモなどの栽培が主で,酪農畜産も行われる。在来製材業に加えて電子部品工業も進出。幕末の武家の住宅形態をとどめる桑原家住宅 (重要文化財) などがある。国道 219号線が通じる。面積 85.04km2。人口 1万766(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

錦町の関連情報