コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦町 にしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

錦〔町〕
にしき

熊本県南部,人吉盆地南東部,球磨川に沿う町。 1955年一武 (いちぶ) ,西 (にし) ,木上 (きのえ) の3村が合体して村となり,65年町制。山林の多い町で,米作コムギ,タバコ,牧草,青刈りトウモロコシを生産したが,近年はナシ,モモなどの栽培が主で,酪農畜産も行われる。在来製材業に加えて電子部品工業も進出。幕末の武家の住宅形態をとどめる桑原家住宅 (重要文化財) などがある。国道 219号線が通じる。面積 85.04km2。人口 1万766(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

錦町の関連キーワード熊本県球磨郡錦町木上西エフエムナックファイブ熊本県球磨郡錦町木上北御宝殿の稚児田楽・風流熊本県球磨郡錦町木上東熊本県球磨郡錦町木上南信越エンジニアリングオリエンタル技研工業熊本県球磨郡錦町一武熊本県球磨郡錦町西日本総合住生活錦城高等学校熊本県球磨郡日本ケーブル錦(旧町名)ソニー銀行三ツ輪運輸会津若松市五所川原市緑毛館亀雄

錦町の関連情報