甲州法度之次第(読み)こうしゅうはっとのしだい

百科事典マイペディアの解説

甲州法度之次第【こうしゅうはっとのしだい】

戦国大名武田氏の分国法甲州法度信玄家法とも。原本の体裁をとる26条本と,同じ制定日付をもつ55条と追加2条よりなる2種が伝存武田信玄が1547年制定した分国統治・家臣統制に関する法典で,先行する駿河の今川氏の《今川仮名目録》の影響がみられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうしゅうはっとのしだい【甲州法度之次第】

戦国家法の一つ。戦国大名武田晴信(武田信玄)が1547年(天文16)6月1日に制定した法典。江戸時代の版本に題された〈信玄家法〉という名称で世に知られる。この家法は,武田晴信の花押をすえた原本の体裁をとる26ヵ条本と,同じ制定日付をもち,追加2ヵ条を付記する55ヵ条本の2種が伝存する。26ヵ条本には,喧嘩両成敗法,他国への音信の禁止宗論の禁止,私的盟約の禁止など,戦国家法の特色とされる条文が多くみられるが,《今川仮名目録》の強い影響下に成立したものといえる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android