コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白斑(天文) はくはん

百科事典マイペディアの解説

白斑(天文)【はくはん】

太陽表面で特に明るく白っぽく見える斑点。太陽周縁付近の暗い所でよく目立つ。極付近に現れるものと黒点帯に現れるものと2種あり,後者のほうが面積も大きく寿命も長い。
→関連項目光球

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android