白痴(読み)はくち

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白痴(坂口安吾の小説)
はくち

坂口安吾(あんご)の戦後を代表する短編小説。1946年(昭和21)6月『新潮』に発表。47年5月、同名の短編集を中央公論社より刊行。東京が太平洋戦争の空襲下にあるころ、映画演出家伊沢と逃げ込んできた白痴の女が、猛火の舞い狂うなかを手に手をとって落ち延びる物語である。伊沢は火炎から女をかばいながら、火も爆弾も恐れなくていい、死ぬときはいっしょだといいきかせるが、女の稚拙でいじらしい反応に、彼は逆上しそうになる。戦争を起こした非人間的な巨大な歴史への意志に、白痴を対置させた意味はきわめて鮮烈で、戦後のすさんだ人々の心にほのぼのとした生きる糧(かて)を与えるものであった。[伴 悦]
『『白痴』(新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白痴の関連情報