百済敬福(読み)くだらのけいふく

百科事典マイペディアの解説

百済敬福【くだらのけいふく】

奈良時代の渡来(とらい)系官人百済王(くだらのこきし)敬福ともいい,〈きょうふく〉とも読む。父は百済の義慈(ぎじ)王の曾孫(そうそん)郎虞(ろうぐ)。738年には陸奥介(むつのすけ)でのち陸奥守となり東北経営に事した。749年陸奥国小田郡で国内初めての金を産出,敬福は鋳造なった大仏の塗金料として黄金900両を献じた。性放縦(ほうしょう)にしてこだわらず政治の量を備えたという。極官は従三位刑部卿(じゅさんみぎょうぶきょう)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

百済敬福 くだらの-きょうふく

698-766 奈良時代の公卿(くぎょう)。
文武天皇2年生まれ。百済良虞(ろうぐ)の3男。陸奥守(むつのかみ)在任中の天平(てんぴょう)21年東大寺大仏建立のために黄金900両を献上し,従五位上から従三位となる。のち宮内卿,外衛(がいえの)大将,刑部(ぎょうぶ)卿などを歴任酒色このみ,政治の力量があったという。天平神護(てんぴょうじんご)2年6月28日死去。69歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くだらのけいふく【百済敬福】

698‐766(文武2‐天平神護2)
奈良時代の渡来系の官人。百済王敬福とも。百済の義慈王の子禅広は,舒明朝に母国滅亡後百済王の号を賜った。敬福はその禅広の孫郎虞の第3子。738年(天平10)に陸奥介とみえ,翌年正六位上より従五位下に昇る。743年陸奥守,746年上総守となるが,同年再び陸奥守となる。749年(天平勝宝1)大仏の鋳造が成って塗金料が不足したときに,陸奥国内小田郡より出た黄金900両を献じ,聖武天皇の寵愛を受けて従三位に昇り,翌年宮内卿となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android