コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盃事 さかずきごと

世界大百科事典 第2版の解説

さかずきごと【盃事】

盃をとりかわしそれによって約束をかためること。酒はもとはハレの飲みもので,神祭に際して醸され,ひとつ盃を大勢で飲みまわして神霊と人,人と人を結合させたり,その結合を強化,確認するためのものであった。やがて人間相互の緊密な関係の誓いに際しても盃事が行われるようになった。近世以来酒を飲む器として猪口盃が普及しめいめいの盃で酒を飲むようになったが,正月の屠蘇(とそ)や婚姻の際の盃事ではまだ同じ盃で飲みかわしており元の意義を残している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

盃事の関連キーワードしゅうと・しゅうとめ(舅・姑)六日祭[長滝]三三九度赦免地踊雄蝶雌蝶伊達弘出合う船渡聟濡れ事二人袴

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

盃事の関連情報