コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

省エネルギー しょうエネルギーenergy conservation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

省エネルギー
しょうエネルギー
energy conservation

エネルギーを消費していく段階で無駄を省き,効率的な利用を図ること。 1973年の第1次石油危機後,特に産業部門において生産設備や生産工程の改善により合理的なエネルギー消費が追求され,大きな成果を上げた。家庭や業務部門においても,家屋,ビルの断熱,空調設備の合理的設計,家庭機器の効率向上が積極的に行なわれ,効果を上げている。冷蔵庫の消費電力は,この期間で約3分の1に減少し,自動車の燃費も向上した。電池電力貯蔵,高効率ガスタービン,スターリングエンジン,炉頂圧発電,各種廃熱利用システム,コジェネレーション等は,省エネルギーに寄与し,現在推進されつつある技術の例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょう‐エネルギー〔シヤウ‐〕【省エネルギー】

石油電力ガスなどのエネルギーを効率的に使用し、その消費量を節約すること。省エネ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

省エネルギー【しょうエネルギー】

産業・生活・社会全般で資源・エネルギーの効率的な利用をはかること。1973年の第1次石油危機以降の世界的な政策課題。日本でも第2次石油危機の際,1979年に省エネルギー法が成立,1993年には同法強化のため大改正が行われ,1998年には地球温暖化防止京都会議(1997年)で設定された温室効果ガス削減目標に合わせて改正された。
→関連項目エネルギー資源サンシャイン計画省エネ船地下資源日本熱管理

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

リフォーム用語集の解説

省エネルギー

技術的改善と利用方法の工夫などによりエネルギーの利用効率を向上させ、無駄なエネルギー消費を減少させること。省エネの方法には、断熱、蓄熱、気密化や廃熱回収利用、ヒートポンプ・インバータ制御、自然エネルギーの活用などがある。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうエネルギー【省エネルギー】

産業・生活・社会活動全般においてエネルギーの効率利用をはかること。企業レベルでは,単なるエネルギーの節約というよりも,生産過程のくふうによって,財1単位の生産に必要なエネルギーの量(消費原単位)を減らす,といった意味に使われることが多い。その場合は設備投資を伴い,これを省エネルギー投資と呼ぶ。しかし,もっと一般的に,国全体のエネルギー消費量を節約するという意味にも使われ,この場合には,(1)エネルギー多消費型産業からエネルギー寡消費型産業へのウェイトの移行(省エネルギー型産業構造への転換),(2)新技術,新システムの開発によるエネルギー消費原単位の低下(生産過程における省エネルギー型システム,エネルギー回収システムの開発や,省電力タイプ民生用電気機器の開発など),(3)工場,事務所,家庭におけるエネルギーの節約,などがその具体的内容である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうエネルギー【省エネルギー】

エネルギーを節約すること。省エネ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

省エネルギーの関連キーワードエアバスA350国際エネルギースタープログラムニューサンシャイン計画冬の省エネキャンペーン次世代省エネルギー基準長期優良住宅の認定基準夏の省エネキャンペーンCPU省エネルギー設定ホームエレクトロニクス夏の省エネ総点検の日省エネルギーセンターeグリーンプロジェクトエネルギー有効活用省エネルギー型設備トップランナー方式省エネ総点検の日省エネルギー住宅省エネルギー月間省エネルギー設定

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

省エネルギーの関連情報