コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウリ

デジタル大辞泉の解説

うり【×瓜】

ウリ科の植物のうち、実を食用にするものの総称。キュウリシロウリスイカメロンカボチャなどで、特にマクワウリをいう。 夏》「葉がくれの―と寝ころぶ子猫かな/一茶
ウリ科の双子葉植物総称蔓性(つるせい)の一年草で、まれに低木。主に単性花。実を食用にするもののほかに、カラスウリスズメウリゴキヅルアマチャヅルなども含まれる。
紋所の名。陰の瓜、捻瓜など。瓜紋(かもん)。

か【瓜】[漢字項目]

人名用漢字] [音]カ(クヮ)(漢) [訓]うり
〈カ〉
植物の名。ウリの総称。「瓜田甜瓜(てんか)
(「瓜」の文字分析から)女の十六歳。または、男の六十四歳。「破瓜
〈うり〉「烏瓜(からすうり)白瓜苦瓜真桑瓜(まくわうり)
[難読]野木瓜(あけび・むべ)南瓜(カボチャ)胡瓜(きゅうり)黄瓜(きゅうり)西瓜(すいか)冬瓜(とうがん)糸瓜(へちま)木瓜(ぼけ)甜瓜(まくわうり)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うり【瓜】

ウリ科の植物の総称。野生の種類のほか、多くの栽培種がある。キュウリ・スイカ・カボチャ・ヒョウタン・カラスウリなど。 [季] 夏。
特に、マクワウリ・シロウリなど食用になるウリ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

瓜 (ウリ)

植物。白瓜・甜瓜などのウリ科蔓性植物の総称,ま瓜の古名

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

瓜の関連キーワード福井県三方上中郡若狭町天徳寺瓜に爪あり爪に爪なし爪に爪なく瓜に爪あり福井県鯖江市水落町瓜田に履を納れず李下に冠を正さず瓜核・瓜実まくわうり転びを打つ亀田小蛄モーウィ厳いことイヌ条虫姫瓜雛真桑瓜蓏果類瓜二つ送り盆瓜盗人瓜実顔

瓜の関連情報