(読み)ウリ

  • ×瓜
  • ふり
  • 漢字項目
  • 瓜 (ウリ)

デジタル大辞泉の解説

ウリ科の植物のうち、実を食用にするものの総称。キュウリシロウリスイカメロンカボチャなどで、特にマクワウリをいう。 夏》「葉がくれの―と寝ころぶ子猫かな/一茶
ウリ科の双子葉植物総称。蔓性(つるせい)の一年草で、まれに低木。主に単性花。実を食用にするもののほかに、カラスウリスズメウリゴキヅルアマチャヅルなども含まれる。
紋所の名。陰の瓜、捻瓜など。瓜紋(かもん)。
人名用漢字] [音]カ(クヮ)(漢) [訓]うり
〈カ〉
植物の名。ウリの総称。「瓜田甜瓜(てんか)
(「瓜」の文字分析から)女の十六歳。または、男の六十四歳。「破瓜
〈うり〉「烏瓜(からすうり)白瓜苦瓜真桑瓜(まくわうり)
[難読]野木瓜(あけび・むべ)南瓜(カボチャ)胡瓜(きゅうり)黄瓜(きゅうり)西瓜(すいか)冬瓜(とうがん)糸瓜(へちま)木瓜(ぼけ)甜瓜(まくわうり)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① ウリ科のつる性草本、またはその果実の総称。キュウリ、スイカ、トウガン、カボチャ、カラスウリ、ニガウリなど。古くは特にマクワウリをいった。ふり。《季・夏》
▼うりの花《季・夏》
※万葉(8C後)五・八〇二「宇利(ウリ)(は)めば 子供思ほゆ 栗食めば まして偲(しぬ)はゆ」
② 紋所の名。陰の瓜、黒餠(こくもち)に瓜、捻瓜などがある。かもん(瓜紋)。
〘名〙 =うり(瓜)
※春曙抄本枕(10C終)一三六「うつくしき物、ふりに書きたる稚児の顔」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瓜の関連情報