石人・石馬(読み)せきじんせきば

  • せきじん・せきば

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

5~6世紀代の古墳の墳丘に表飾として使用された石製象形遺物の総称。福岡県5、大分県2、熊本県9、鳥取県1の計17か所の古墳から発見されている。九州の発見例は阿蘇(あそ)系泥溶岩を使用して写実的に彫造されている。種類には人物(武装、裸体)、動物(馬、鶏、水鳥、猪(いのしし))、器財(靫(ゆき)、盾(たて)、刀、坩(つぼ)、蓋(きぬがさ)、翳(さしば)、腰掛)などのほか記録には「石殿」「石蔵」などもある。大分、福岡県では石人や石甲(せきこう)を1~2体立てるあり方が5世紀前半代にまず現れたが、6世紀の岩戸山(いわとやま)古墳では、多くの石製品を墳丘に立て並べている。しかし、磐井(いわい)の反乱後の6世紀中ごろには断絶してしまった。研究史上では中国南朝の王陵前に並べた石人・石獣の影響とされたこともあるが、現在では、畿内(きない)の古墳にみる象形埴輪(はにわ)に源流を求め、加工しやすい石材に恵まれた九州での創造であろうとされる。国・県重要文化財などに指定。

[小田富士雄]

『小田富士雄著『古代史発掘7 石人石馬の系譜』(1974・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android