コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

確定拠出年金(日本版401k) カクテイキョシュツネンキン(ニホンバンヨンマルイチケー)

人事労務用語辞典の解説

確定拠出年金(日本版401k)

個人が自分で株式や債券などで拠出金(掛け金)を運用、成果を年金として受け取る年金制度です。少子高齢化の進展や生活の多様化など、社会経済情勢の変化を背景に、2001年10月から導入されました。米国の401kプランという企業年金をモデルとしてつくられたものです。
(2004/10/15掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

確定拠出年金(日本版401k)

社員個人の判断で株式や債券などの投資商品を選択し、運用の成果を退職金や年金として受け取れる制度。国内では01年10月に導入された。運用期間中、収益に課税されないなど、税制面での利点がある。転職先に制度があれば「持ち運び」も可能だが、原則60歳まで引き出すことはできない。会社が掛け金を負担する企業型のほか、自営業者などが自分で掛け金を出す個人型もある。

(2008-10-23 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

確定拠出年金(日本版401k)の関連キーワード農林中金全共連アセットマネジメント小規模企業共済等掛金控除ファンド・オブ・ファンズ資産管理サービス信託銀行ファンドオブファンズ日本版401kプラン国民年金基金連合会レコードキーピング退職金の前払い制度確定給付型企業年金個人型確定拠出年金企業型確定拠出年金税制適格退職年金ポータビリティー確定拠出年金の日確定拠出型年金日本版401K企業年金連合会確定拠出年金法確定給付型年金

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android