確定拠出年金(日本版401k)(読み)カクテイキョシュツネンキン(ニホンバンヨンマルイチケー)

人事労務用語辞典の解説

確定拠出年金とは、国民年金厚生年金といった公的年金とは別に給付を受けられる私的年金の一つで、2001年10月に制定されました。老後の備えとして、各個人が資産運用をするための制度です。

確定拠出年金別名日本版401k」と呼ばれますが、これはアメリカの確定拠出個人年金制度の一つである「401k」が由来です。401kとは、1978年に改正されたアメリカの「内国歳入法」の401条k項で、要件を満たす積立貯蓄に関して税制優遇措置が取られたことから名付けられました。日本の確定拠出年金はこの401kをモデルとしているため、日本版401kと呼ばれています。

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

社員個人の判断で株式や債券などの投資商品を選択し、運用成果を退職金や年金として受け取れる制度。国内では01年10月に導入された。運用期間中、収益に課税されないなど、税制面での利点がある。転職先に制度があれば「持ち運び」も可能だが、原則60歳まで引き出すことはできない。会社が掛け金を負担する企業型のほか、自営業者などが自分で掛け金を出す個人型もある。

(2008-10-23 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android