コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会化[社会] しゃかいか[しゃかい]socialization

翻訳|socialization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会化[社会]
しゃかいか[しゃかい]
socialization

行為理論の立場からは,社会の成員としてふさわしい行為様式や価値体系をそなえた人間として個人の人格を形成していくことを意味する。形式社会学においては,個人相互を結合させる意欲とか関心とかまたは目的から抽象して得られる結合の過程ないし結合そのものを社会化とする。この影響を受けた M.ウェーバーは,こうした結合過程ないし結合を,さらに,共同化と社会化に概念上区分し,近代化は社会化を確立していくことと考えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android