祈年祭(としごいのまつり)(読み)としごいのまつり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

祈年祭(としごいのまつり)
としごいのまつり

字音で「きねんさい」と称することが多い。この「とし」とは五穀(ごこく)のなかでもっぱら稲をいうが、稲を主として他の穀類に至るまで成熟を祈る祭りである。わが国の社会文化は、本来この稲作中心の農耕社会を基盤として成立しており、春に年穀の豊穣(ほうじょう)を祈り、秋に豊作を感謝する祭り(新嘗祭(にいなめのまつり))を行うのが農耕祭祀(さいし)儀礼の基本であった。古代では祭政一致の語が示すように、政治(まつりごと)は生産物の収穫に基づいていたので、祭祀も重要な国家儀礼に位置づけられていた。律令(りつりょう)国家体制では、祈年祭は、2月に神祇官(じんぎかん)での国家祭祀となり、6月・12月の月次(つきなみ)祭、11月の新嘗祭とともに四箇祭(しかさい)として「国家の大事」とされた。『延喜式(えんぎしき)』神名帳に載せる3132座の神には、祈年祭にあたり幣帛(へいはく)が奉られる決まりであったが、律令制が弛緩(しかん)し、応仁(おうにん)の乱以後はまったく廃絶した。明治になって神祇官とともに、伊勢(いせ)神宮・宮中の祈年祭が再興され、また諸国の神社でも官祭として執り行われるに至り、皇室・国家から幣帛が供進(ぐしん)されたが、第二次世界大戦後は公的な性格は失われた。現在、各地の神社においては、祈年祭とは称さないが、祭りの性質上同様の神事が広く行われている。

[牟禮 仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android