福島大学(読み)ふくしまだいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福島大学
ふくしまだいがく

国立大学法人。福島経済専門学校 (旧福島高等商業学校) ,福島師範学校,福島青年師範学校を統合して,1949年新制大学として発足した。学芸 (1966年教育学部に改称) ,経済の2学部からなり,経済学部は 1978年から昼夜間開講制 (昼間,夜間主コース) をとり,それまでの経済短期大学部を廃止。 1987年には行政社会学部 (昼夜間開講制) が増設され,3学部体制となっている。 1976年大学院を設置。福島県福島市金谷川にある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

福島大学

1949年に設置された福島県内唯一の国立大学法人。人間発達文化、行政政策、経済経営、共生システム理工の4学類と大学院がある。学生・院生は約4500人(6月1日時点)。2014年度の学類入学者は44%が県内出身者だった。

(2014-06-13 朝日新聞 朝刊 教育1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふくしま‐だいがく【福島大学】

福島市にある国立大学法人。福島経済専門学校・福島師範学校・福島青年師範学校を統合し、昭和24年(1949)新制大学として発足。平成16年(2004)国立大学法人となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

福島大学【ふくしまだいがく】

福島市にある国立大学。福島経専(1921年創立の福島高商の後身),福島師範(1943年),同青年師範(1944年)を統合,1949年新制大学として発足。2004年4月より国立大学法人へ移行。さらに,学部制を再編し「学群・学類・学系制」を導入。人間発達文化,行政政策,経済経営,共生システム理工の各学類(2012年4月現在)。1952年経済短期大学部を併設

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福島大学
ふくしまだいがく

国立大学法人。1949年(昭和24)、福島経済専門学校(前身は1921年創設の福島高等商業学校)、福島師範学校、福島青年師範学校を包括して、経済学部、学芸学部の2学部からなる新制国立大学として発足。1966年学芸学部を教育学部に改称。1987年行政社会学部を設置。2004年(平成16)、全3学部を再編し、人文社会学群(人間発達文化学類、行政政策学類、経済経営学類)と理工学群(共生システム理工学類)を置いた。大学院は、2010年時点で、経済学研究科、人間発達文化研究科、地域政策科学研究科、共生システム理工学研究科が設置されている。1952年以来併設されていた経済短期大学部は、1978年経済学部の改組による昼夜開講制の導入により廃止された。附属教育研究施設に総合教育研究センターなどがある。2004年4月、国立大学法人法の施行に伴い、国立大学法人となる。所在地は福島市金谷川1。[馬越 徹]
『福島大学編『福島大学50年史』(1999・八朔社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の大学ブランド商品の解説

福島大学

[国立、福島県福島市]
[設置者]国立大学法人 福島大学
[沿革・歴史]1949(昭和24)年5月、福島青年師範学校・福島経済専門学校・福島師範学校を統合し、福島大学を設置。2004(平成16)年4月、国立大学法人福島大学となる。
[マーク類]2004(平成16)年、全学再編を機にシンボルマークを募集。2005(平成17)年9月に商標登録された(第4891371号)。縦長の長方形と2つの葉で福島大学の頭文字「F」を表現している。下の葉は若草色、上の葉は青のグラデーションで、人文社会学群・理工学群の2つを示したもの。
[ブランド一覧]
IONiZE | 福島の風出逢い | ロゴマーク入りクッキー缶 | ロゴマーク入りコーヒーカップ
(注)記載内容は事典編集当時(2010年2月)のものです。内容・価格等はその後に変更になった場合もあります。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の大学ブランド商品」事典 日本の大学ブランド商品について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福島大学の関連情報