コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上原真佐喜 うえはらまさき

百科事典マイペディアの解説

上原真佐喜【うえはらまさき】

山田流箏曲家。2世。初世上原真佐喜の娘。林家の養女となったため,本名は林兎喜子。父に師事したほか,2世稀音家浄観に長唄を,山彦秀子に河東節を,菅野のぶに一中節を学んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うえはらまさき【上原真佐喜】

山田流箏曲家元名。現在2世まであり,真磨琴会(ままごとかい)を組織。(1)初世(1869‐1933∥明治2‐昭和8) 東京出身。本名幸太郎。盲人千代田検校の女弟子,浅井千束(ちづか)に入門後,奥村真砂(真佐古とも。1841‐91)に師事,その後継者となる。奥村は江戸生田流の系統の人で,その筋の山田流への転換の事情は不詳。山木派中能島の系統とも交流し,歌物を得意とした。作品に《里の四季》《春の朝(あした)》などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上原真佐喜
うえはらまさき

山田流箏曲(そうきょく)家の家元名。現在2世を数えるが、初世の師の奥村真佐古(まさこ)(1841―91)からでは3世となる。[平山けい子]

初世

(1869―1933)本名幸太郎。3歳で失明。9歳のころ山田流の千代田検校(けんぎょう)の女弟子浅井千束(ちづか)に入門。21歳で奥村真佐古に師事。『春の朝(あした)』『里の四季』などを作曲。[平山けい子]

2世

(1903―96)本名林兎喜子(ときこ)。初世の娘。父没後、2代目を継承。山田流浄瑠璃物(じょうるりもの)の正しい伝承を伝える。1970年(昭和45)重要無形文化財保持者に認定され、83年芸術院会員となる。作曲作品に『隆達(りゅうたつ)くづし』『竹林(ちくりん)の七賢』など十数曲がある。[平山けい子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

上原真佐喜の関連キーワード上原 真佐喜(1代目)上原 真佐喜(2代目)[各個指定]芸能部門上原 真佐喜(初代)上原真佐喜(2世)上原真佐喜(2代)米川文子(1世)12月10日10月3日

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android