コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種の起原 しゅのきげん On the Origin of Species

5件 の用語解説(種の起原の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

種の起原

種の起源」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

種の起原【しゅのきげん】

C.ダーウィンの著作。正確には《自然淘汰の方途による種の起原》。1859年初版,順次改訂・増補を加え,1872年最終の6版を刊行。飼育・栽培下での人為淘汰による変異から,自然界での変異,さらに生存のための闘争という発想を介して,進化要因として自然淘汰説を唱える。
→関連項目ライエル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しゅのきげん【種の起原 Origin of Species】

C.ダーウィンによる進化論の古典的著作(1859)。正しくは《自然淘汰の方途による種の起原On the Origin of Species by Means of Natural Selection》と呼ばれるように,その内容は進化の要因が主に自然による淘汰にあるとする。当時までに,G.L.L.deビュフォン,E.ダーウィン,J.ラマルクらによって進化思想が述べられてはいたが,明確な要因については想定されていなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

種の起原
しゅのきげん
On the Origin of Species by Means of Natural Selection, or the Preservation of Favoured Races in the Struggle for Life

イギリスの生物学者 C.ダーウィンの生物の進化についての著作。 1859年 11月 24日に出版。 31~36年にわたる『ビーグル』号での世界一周航海の経験から,生物の進化について気づいたダーウィンは資料を集積し,T.マルサスの人口論にヒントを得て,生物の変異性,適応,生存競争自然選択適者生存などの考えを中心にして,生物の進化とその要因について説いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

種の起原
しゅのきげん

イギリスの生物学者C・R・ダーウィンの進化論についての主要著作。正確な表題は『自然選択による種の起原について』On the Origin of Species by Means of Natural Selection。ジョン・マレー社より1859年に出版。各国語に翻訳されたが、日本語では1896年(明治29)立花銑三郎(せんさぶろう)による『生物始源』(一名『種源論』)がもっとも古く、以後、大杉栄(さかえ)、小泉丹(まこと)、内山賢治、石田周三、堀伸夫、徳田御稔(みとし)、八杉竜一などによる翻訳がある。
 ダーウィンが種の起原について関心をもったのはビーグル号航海(1831~36)のときであるから、着想から著書の出版まで二十数年かかった。彼は1842年に33歳のとき自説の概要をノート35枚に覚え書きにした。56年に『種の起原』の著作にとりかかったが、2年後にA・R・ウォーレスから受け取った論文の内容が自説とほとんど同じであったので、同年7月のロンドンの学会で共通の表題で連名で発表した。その後ダーウィンは新たに稿をおこし、59年に刊行したのがその初版本である。
 本書は、初版では14章、第6版(1872刊)では1章増えて15章から構成されている。その内容はまず人為選択(人為淘汰(とうた))から始まる。古くから栽培植物や家畜が改良されてきたが、育種家は生物のわずかな変異をみいだし、それをもとに選択を行い改良を行った。ダーウィンは本書初版では変異の原因は外的条件であると述べているが、6版ではこの点が改変され、外的条件は生物の本性に比べると副次的なものであるといっている。次に、自然界でも生物のいろいろな部分に微少な変異がおこり、それが何代にもわたって蓄積してゆき進化がおこると考えた。その原因として自然選択(自然淘汰)という概念を導入した。つまり生物の多産性によって生存競争(闘争)がおこるが、進化にとって重要なのは同じ要求をもつ同種個体間のそれであって、ごくわずかな差異でも個体の存亡を決定する。環境に対して有利な変異をもつ個体が生存し(適者生存)、長い世代の間にその変異が蓄積して進化に結果する、と彼は主張した。次に自説の難点について述べ、また生物の本能や習性の問題を論じている。以上が本書の前半であり、彼の理論の中心的な部分である。以後の章はこの理論の展開であり、補強であって、また生物学の体系における進化論の意義を論じている。[宇佐美正一郎]
『八杉竜一訳『種の起原』全3冊(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の種の起原の言及

【進化論】より

…スペンサーは生物と社会の並行的な見かた(社会有機体説)にもとづき,生物進化論と並んで社会進化論を唱えた。
【ダーウィンの進化論】
 C.ダーウィンが種の起原,つまり進化についての系統的研究を始めたのは,ビーグル号航海から帰った翌年の1837年,28歳のときであり,学説の骨格も早く成り立っていたが,公表されたのは58年7月1日のリンネ学会においてである。マレー諸島滞在中のA.R.ウォーレスから送られてきた論文が,ダーウィン自身の自然淘汰説と同趣旨であり,結局,両者の論文を同じ表題のもとにおいたジョイント・ペーパーとして発表することになったのであった。…

【ダーウィン】より

…そして地質学者ライエル,植物学者フッカーJ.D.Hookerらのはからいでダーウィンの未発表論文の一部とアメリカの植物学者A.グレーへの手紙が,ウォーレスの論文とともにロンドンのリンネ学会で発表され,自然淘汰説がはじめて世に出た(1858)。 一方,ダーウィンは大著《自然淘汰》の要約に着手し,進化論上の古典となった《種の起原》(1859)を出版したが,《自然淘汰》は未完のままに終わり,そのはじめの部分は《家畜と栽培植物の変異》(1868)となった。残りの部分が刊行されたのは死後100年近く経た1975年である。…

【ビクトリア時代】より

…19世紀前半の信心深い中流階級の人々は,《創世記》の天地創造の説明をなおすなおに信ずることができた。だが1859年に出版されたC.ダーウィンの《種の起原》は,彼らの世界観に決定的な衝撃を与えた。ダーウィンの学説は,直ちに広く世間に受け入れられたわけではないが,着実に古い宗教的世界観を崩壊させた。…

※「種の起原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

種の起原の関連キーワード進化論動物哲学ネオダーウィニズム社会進化論社会ダーウィニズムダーウィンレアダーウィンの剃刀ダーウィンの子供たちダーウィンの使者ネオ・ダーウィニズム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

種の起原の関連情報