稲置(読み)いなぎ

世界大百科事典 第2版の解説

いなぎ【稲置】

大化改新以前,倭(やまと)王権が置いた地方官職。《日本書紀》成務5年条に〈諸国に令(みことのり)して国郡に造長を立て,邑に稲置を置く〉という表現がみられ,一方《隋書》東夷伝倭国条の〈軍尼(くに)一百二十人有り,猶中国の牧宰のごとし,八十戸一伊尼翼(冀)を置く,今の里長の如きなり,十伊尼翼一軍尼に属す〉の記事から,クニ(国造(くにのみやつこ))―イナギ(稲置)の上下の統属関係を推定されることがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いなぎ【稲置】

大和朝廷時代の地方官の名称。稲穀収納を取り扱ったもの。 「国郡に造長みやつこおさを立て、県邑あがたむらに-を置つ/日本書紀 成務訓
天武天皇の時代に制定された八色姓やくさのかばねの第八位。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稲置
いなぎ

大和(やまと)朝廷の地方官職名。のちに姓(かばね)となった。稲置は、屯田(みた)、屯倉(みやけ)などの皇室領の管理者ないしは徴税官の官職名であるとする説、国の下級組織の県(あがた)あるいは評(こおり)の長の官職名であるとする説に分かれているが、いずれにしても皇室の家政機関である内廷と関係の深いものであった。稲置の分布は畿内(きない)とその周辺に限られ、その支配領域は律令(りつりょう)制下の郷(ごう)程度の狭いものである。684年(天武天皇13)の八色(やくさ)の姓の制定に際し、第八位の姓として位置づけられた。[前之園亮一]
『上田正昭著『県主と祭祀団』(『日本古代国家成立史の研究』所収・1969・青木書店) ▽井上光貞著『国造制の成立』(『大化改新』所収・1970・弘文堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の稲置の言及

【首】より

…古くは統率者をあらわす称呼であったものが姓となる。主として地方の県主(あがたぬし)・稲置(いなぎ),および部民(べみん)の統率者,または屯倉(みやけ)の管理者に与えられた。県主の例として志紀県主の志紀首,稲置の例として伊賀の稲置代首,部民の統率者の例として赤染部の統率氏族の赤染部首,そして屯倉の管理者の例として新家屯倉の新家首にみられる。…

【八色の姓】より

…天武の新姓ともいう。《日本書紀》天武13年10月条に〈諸氏の族姓(かばね)を改めて,八色の姓を作りて,天下の万姓を混(まろか)す〉とあり,真人(まひと),朝臣(あそん∥あそみ),宿禰(すくね),忌寸(いみき),道師(みちのし),(おみ),(むらじ),稲置(いなぎ)の8種類があげられている。第1の真人は,主として継体天皇以降の天皇の近親で,従来,公()(きみ)の姓を称していたものに授けられた。…

※「稲置」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android