コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲武 いなぶ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稲武
いなぶ

愛知県北部,豊田市北東部の旧町域。矢作川の上流左岸にあり,美濃三河高原の中心。 1940年町制。 2005年豊田市に編入。山林が大部分を占める。江戸時代,名古屋,岡崎と飯田を結ぶ三州街道宿駅,物産の運送で栄えた。明治初年,古橋源六郎の指導により造林が行なわれ,木材の集散地となった。南東端の面の木峠一帯は天竜奥三河国定公園,南西端の黒田貯水池を中心とする一帯は愛知高原国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稲武
いなぶ

愛知県北東部、東加茂(ひがしかも)郡にあった旧町名(稲武町(ちょう))。現在は豊田(とよた)市の北東部を占める一地区。矢作(やはぎ)川上流の山村。1940年(昭和15)稲橋(いなはし)村と武節(ぶせつ)村が合併して町制施行。2003年(平成15)稲武町は北設楽(きたしたら)郡から東加茂郡へ編入。広域市町村圏も従来の新城南北設楽広域市町村圏から豊田加茂広域市町村圏に変更された。2005年豊田市に編入。飯田(いいだ)街道(国道153号)の旧宿場の武節は細長い街村状の買物町。また、国道257号が岐阜県へ通じている。明治初年に豪農古橋暉皃(てるのり)・義真(よしざね)父子らの先覚者によって産業、教育が盛んになり、人工林、産馬講習所、教育では郷(ごう)学校明月清風(めいげつせいふう)校がつくられた。また、暉皃らが収集した遺墨を収蔵した古橋懐古館は、江戸末期~明治初期の志士たちの書画と民俗資料などが多い。井山(いやま)百年計画植樹地には、名古屋市野外教育センターがある。[伊藤郷平]
『『稲武町史』全4巻(1996~2000・稲武町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

稲武の関連キーワード愛知県豊田市黒田町愛知県豊田市豊田(市)

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

稲武の関連情報