コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穂別 ほべつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

穂別
ほべつ

北海道南部,むかわ町中・北部の旧町域。夕張山地の南西部,鵡川の上・中流域を占める。 1962年町制施行。 2006年鵡川町と合体して,むかわ町となった。地名はアイヌ語のポペツ (小川の意) に由来。河谷では米,野菜,メロンなどが生産される。肉牛,ウマの飼育,林業も行なわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

穂別
ほべつ

北海道南西部、胆振(いぶり)支庁(現、胆振総合振興局)管内にあった旧町名(穂別町(ちょう))。現在は勇払(ゆうふつ)郡むかわ町の北部を占める地域。旧穂別町は1962年(昭和37)町制施行。2006年(平成18)、勇払郡鵡川(むかわ)町と合併してむかわ町となる。旧町名についてはアイヌ語ポペッ(小川の意)やポンペッ(支流の意)の転訛(てんか)説などがある。夕張(ゆうばり)山地を開析する鵡川とその支流穂別川の流域の河谷盆地と段丘上に穂別、富内(とみうち)の主集落が発達する。札幌と帯広を結ぶ国道274号が通じる。明治中期ごろから入植が始まり、1923年(大正12)の富内線の開通により人口が増加した。第二次世界大戦後一時、穂別川の電源開発と炭鉱の稼動でにぎわったが、炭鉱は1967年までに閉山、富内線も旧国鉄時代末期の1986年に廃止、バス転換され、人口が減少した。米作も行われるが、木材加工や酪農に重点が置かれてきた。1980年代以降はアスパラガス、メロン、カボチャ、シイタケなどの出荷が行われる。石灰岩やクロム鉱などの地下資源の埋蔵が確認されている。[奈良部理]
『『新穂別町史』(1991・穂別町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

穂別の関連キーワードむかわ町立穂別博物館北海道勇払郡むかわ町日本のおもな博物館むかわ(町)穂別スキー場むかわ[町]ほべつメロン穂別[町]鵡川[町]熊忍津彦命物部大前石狩炭田阿知使主履中天皇倭吾子籠壬生部

穂別の関連情報