コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹本政太夫(2世) たけもとまさたゆう[にせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹本政太夫(2世)
たけもとまさたゆう[にせい]

[生]宝永7 (1710).大坂
[没]明和2 (1765)
義太夫節の太夫。通称薩摩屋重兵衛。大坂雑喉場の出身。1世竹本政太夫(→竹本義太夫〈2世〉)の弟子で,小政とあだ名されるほど師の芸風を踏襲し,寛保3(1743)年竹本座に初出座。雑喉場政太夫,新町西口に住んだことから西口政太夫とも呼ばれた。大音でやや癖のある語り口ながら,師匠譲りの文章を大切にする質実な西風の伝統を遵守した。寛延1(1748)年『仮名手本忠臣蔵』初演時に多くの座員の異動があったときも竹本座を離れず,『義経千本桜』などの浄瑠璃黄金期の作品から,晩年の近松半二作『奥州安達原』にいたるまで,一貫して竹本座の中心の一人であり続けた。(→人形浄瑠璃文楽

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

竹本政太夫(2世)の関連キーワード片山兼山新版歌祭文金木さなぶり荒馬踊アルブレヒト城永字銀永字丁銀永字豆板銀河合曽良閑院宮黒沢琴古

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android