コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹本義太夫(1世) たけもとぎだゆう[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹本義太夫(1世)
たけもとぎだゆう[いっせい]

[生]慶安4(1651).大坂
[没]正徳4(1714).9.10.
義太夫節の創始者。大坂天王寺村の農民で五郎兵衛といった。井上播磨の風を好み,その弟子清水理兵衛に学び,そのワキをつとめ,のち京の嘉太夫のワキを語り,名も清水五郎兵衛,さらに理太夫と改めた。 34歳の貞享1 (1684) 年竹本義太夫と名のり道頓堀に竹本座の櫓 (やぐら) をあげ好評を博した。元禄 11 (98) 年頃受領して竹本筑後掾。同 16年『曾根崎心中』で大当りし,年来の赤字を解消,引退したが,竹田出雲が座本を引受けたので再出勤。義太夫は元来大音で,井上播磨掾のような豪快な語り口に宇治加賀掾の優美な節回しの影響を加えて世話物を語りはじめ,浄瑠璃といえば義太夫節をさすほどの新音楽を確立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

竹本義太夫(1世)の関連キーワードコルネイユ(Pierre Corneille)徳川家光ケンペル堀田正盛丸橋忠弥由比正雪丸橋忠弥徳川家光由井正雪・由比正雪キョセム・スルタン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android