コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイ

デジタル大辞泉の解説

だい【第】

[名]りっぱな家。やしき。邸宅。
「基経の―に所謂臨時の客があった時の事である」〈芥川・芋粥〉
[接頭]数を表す語に付いて、ものの順序を表すのに用いる。「世界一の都会」「五巻」「三レース」「六感」

だい【第】[漢字項目]

[音]ダイ(呉) テイ(漢)
学習漢字]3年
一段一段と並ぶ順序。段階。「次第
古代中国の官吏登用試験。広く、試験のこと。「科第・及第登第落第
やしき。邸宅。「邸第聚楽第(じゅらくだい)
[名のり]くに・つき

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だい【第】

( 接頭 )
数を示す語に付いて、物事の順序を表す。 「 -一二番目」 「 -五回」 「 -一陣」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

第の関連キーワードウィリアムソン:ピアノ・ソナタ第4番 ロ長調/piano soloモンポウ:内なる印象/piano soloショパン国際ピアノ・コンクール第二東海自動車道・近畿自動車道ジュネーブ諸条約と共通第3条ループナーの成長法則ニュートンの諸法則ロボット工学三原則日本推理作家協会賞ハンガリー舞曲集学年別漢字配当表ナンバースクール第三世代携帯電話ラズモフスキーケプラーの法則漱石とその時代ジェノサイド自然的短音階太平洋統合軍格(論理学)

第の関連情報