コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精霊流し ショウリョウナガシ

デジタル大辞泉の解説

しょうりょう‐ながし〔シヤウリヤウ‐〕【精霊流し】

盆の終わりの15日の夕方か16日の早朝に、精霊を送り返すため、供物をわらや木で作った舟に乗せて川や海に流す行事。灯籠(とうろう)を流すこともある。しょうろながし。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

精霊流し【しょうりょうながし】

盆行事の一つ。盆の15日または16日に,依代(よりしろ)であった供物の類を川や海に流して精霊を送る。北九州では盛大に行うところが多く,佐賀の花舟,久留米・長崎の精霊舟などが名高い。
→関連項目灯籠流し

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しょうりょうながし【精霊流し】

精霊送りの一。盆の供え物を川や海に流して精霊を送ること。灯籠を流す地方もある。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

精霊流し
しょうりょうながし

盆の月の15日または16日に、盆の供え物の類を川や海などに流して先祖の霊を送る行事。供え物を蓮(はす)の葉や真菰(まこも)の茣蓙(ござ)に包んでただ流すというものから、麦藁(むぎわら)などで精霊船(ぶね)などとよぶ船をつくりそれに入れて盛大に送り出すものなどがある。また火をともした灯籠(とうろう)を流す例も多く、それが夕闇(ゆうやみ)の水面にたくさん浮かび、美しくかつもの悲しい夏の風物詩となっている。とくに長崎市の精霊(しょうろう)流しは有名で、阿弥陀(あみだ)丸とか浄土丸などの名のつけられた豪華な精霊船がつくられ、灯籠の火が港湾いっぱいに広がり美しい夜景をみせて、近年ではむしろ観光行事として発展している。[新谷尚紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の精霊流しの言及

【灯籠流し】より

…河川とくに河口や,湖,海に臨んだ地方に多くみられる。盆の供えものを精霊舟にのせ,灯火をつけて川や海に流し,精霊を送る精霊流しの変化したものともみられるが,灯籠流しはとくに川施餓鬼(かわせがき)と関係があり,もともと水難など横死者の霊に対して,大寺院の主催で行われる例が多かった。今も京都の嵯峨では盆の16日に,嵐山の渡月橋の川下に大覚寺の施餓鬼棚が設けられ,夕方に施餓鬼法が修せられ,そののち灯籠流しが行われる。…

【水】より

…井戸にも同様の崇拝がみられることがある。同時に水には,死者の汚れを清め死霊を他界に導く霊威があるとされ,そこから死者の死水をとり墓場に水を供えることが行われるようになり,さらに盆の精霊(しようりよう)流しや流れ灌頂などの民俗も生みだされた。井戸【山折 哲雄】。…

※「精霊流し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

精霊流しの関連キーワード灯籠舟・燈篭舟さだ まさし三浦(市)渡邉沙帆加川村陽介堺沢隆史結城貴史精霊送り岡部耕大じょうき芦川誠

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

精霊流しの関連情報