コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

線量計 センリョウケイ

世界大百科事典 第2版の解説

せんりょうけい【線量計 dosimeter】

電離放射線にさらされた人体や物質がこれによって受けるエネルギーの量は線量(正しくは吸収線量)と呼ばれるが,この線量を測定する装置は,一般に線量計と呼ばれる。慣用的には,照射線量を測定する装置である照射線量計もしばしば単に線量計と呼ばれている。線量計の動作原理には,放射線によって物質中に引き起こされるいろいろな物理的または化学的変化が利用されるが,その主要なものとして,電離,写真フィルムの感光,発光,化学変化,温度変化などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せんりょうけい【線量計】

放射線量を測定する装置。フィルム-バッジや電離箱など。ドシ-メーター。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

線量計
せんりょうけい
dosimeter

放射能を測る装置のうち、放射線照射の度合いを表す吸収線量(国際単位系=SI単位はグレイGy)または照射線量を測定するための計器。吸収線量は、照射された物質の単位質量に吸収されるエネルギー(ジュール毎キログラム)で表されるが、人体に対する影響の度合いを示す場合には、線量当量(SI単位はシーベルトSv)で表される。線量当量は、α(アルファ)線、β(ベータ)線、γ(ガンマ)線、X線、中性子線などの放射線の種類ごとに危険度因子を加味したものであり、そのために用いる無次元の係数は国際放射線防護委員会によって決められている。線量計の原理は、放射線によって空気や水などの中に生じた電荷の量を測定するものが基本であり、測定の目的、対象、必要精度などに応じていろいろな種類が用いられる。環境監視や被曝(ひばく)監視に用いる線量計に対しては法律に基づく検定が行われている。[三井清人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の線量計の言及

【ポケット線量計】より

…万年筆形をした電離箱線量計で,短期間の個人の被曝線量を測定する器具。所定の充電器により電離箱に電荷を与えておく。…

※「線量計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

線量計の関連キーワードラジオフォトルミネセンスホールボディーカウンターモニタリング・システム避難指示解除準備区域熱ルミネセンス線量計ポケットチェンバーアラームメーターがんの放射線療法光刺激蛍光線量計蛍光ガラス線量計熱ルミネセンスポケット線量計フィルムバッジガラス線量計OSL線量計一時立ち入りドシメーター居住制限区域帰還困難区域熱蛍光線量計

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

線量計の関連情報